« 「名古屋ウィメンズマラソン2012」を観戦! | トップページ | 春の訪れ »

2012年3月23日 (金)

泉佐野市が示してくれたネーミングライツの問題点

日本中があきれ果てたのではないでしょうか、泉佐野市のネーミングライツ(命名権)売却。

「大阪府泉佐野市は21日までに、来年度から歳入確保策の一環として、市名も含めた各種のネーミングライツ(命名権)を売却する方針を決めた。取得を希望する企業を募集するが、提案内容によっては市の名称を企業名や商品名に変更する可能性もあるという。自治体名の命名権売却は極めて異例。 市は、6~11月末まで募集を行う予定。契約期間は1~5年だが、状況に応じて、更新することもできる。」

「市名変更の可能性も? =命名権売却で―大阪府泉佐野市」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120321-00000109-jij-pol

続きはこちらから

« 「名古屋ウィメンズマラソン2012」を観戦! | トップページ | 春の訪れ »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 泉佐野市が示してくれたネーミングライツの問題点:

« 「名古屋ウィメンズマラソン2012」を観戦! | トップページ | 春の訪れ »

フォト

他のアカウント

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ