« 着地型旅行による「犬山城下町の歴史と文化を学ぶ旅」に参加しました。 | トップページ | マーケティングとは顧客の創出(メガネ編) »

2011年12月 6日 (火)

岐阜市の若手いちご生産者を訪問しました。

 本日は、犬山での仕事の後、車を飛ばして岐阜市まで行きました。

 訪問先は、岐阜市で苺(イチゴ)を生産している仙石知詳さん。

 彼は、私が社会人一年目にバロー市橋店配属となったとき、同じ精肉部門で働いた間柄。

 私にとって私の初めての上司といえる人です。

 本日、実に8年ぶりの再会を果たしました。

 

P1040281


 スーパーマーケットの店長、地区長を務めたのち、一念発起して農業の道へ。

 一年間の修行を経て2年前から本格的にイチゴの生産を始められたとのこと。現在は、JAぎふの岐阜市いちご青年部部長として、10人のイチゴ生産者のリーダーとして活躍しています。

 イチゴの生産と言えば、露地栽培というイメージが強いですが、下の写真のようにパイプでラインを組んで、液肥を流し込んで生産しています。

P1040272

 このやり方だと、収穫の際に腰をかがめなくてもよいという利点があるそうです。

 11月下旬ころから、こんな感じに次々と実ってきています。

P1040275

 こちらの装置から、液肥を全ラインに流し込んでいます。

P1040278


 ちなみに、ここでは「美濃娘(みのむすめ)」という品種のイチゴを生産しているとのこと。

 果肉はやや硬めで日持ちがよいことに加え、(薬事法上明記はできませんが)抗酸化作用に優れてい美容にも良い品種とのことです。

P1040276

 

 大半は、パックに詰め込まれてスーパーの店頭などで売られるのですが、仙石さんは意欲的に加工販売にも取り組まれており、現在はシャーベットにして自ら販路開拓も行っています。

 何はともあれ、まずはそのままいただきます。

 程よい酸味が、非常においしいイチゴです。

P1040284

 

 そもそも、何で今回このような再会を果たし方というと、きっかけはFacebook。

 岐阜県の農業者支援を行っている複数の人の共通の知人として、仙石さんの名前を発見した時には驚きました。

 このような再会ができることこそ、Facebookの醍醐味と言えるでしょう。

 それはともかく、「単にイチゴをつくって売る」、だけでは飽き足らないという仙石さん。

 今後のますますの活躍が非常に楽しみです。

 是非「彼とコラボしたい」、という方が見えましたら、気軽にご連絡ください! 

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

『中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

« 着地型旅行による「犬山城下町の歴史と文化を学ぶ旅」に参加しました。 | トップページ | マーケティングとは顧客の創出(メガネ編) »

企業・経営者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187511/43283841

この記事へのトラックバック一覧です: 岐阜市の若手いちご生産者を訪問しました。:

« 着地型旅行による「犬山城下町の歴史と文化を学ぶ旅」に参加しました。 | トップページ | マーケティングとは顧客の創出(メガネ編) »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ