« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

えんさんの成都旅行記-3 (価格調査編)

 前回に続いて、本日も「成都旅行記」の続きを。

 前回は市場調査編と題して、成都市内の百貨店など商業施設の様子を紹介しました。

 今回は、そこで買物をした色んなものの価格について、ひたすら紹介してまいりたいと思います。

 

 ちなみに前回も引用したジェトロレポートによると、月収5万元(約6万円)あれば、成都ではそれなりの暮らしができるとのこと。

 また、前回も書いたように地下鉄は2元(24円)から、タクシーは8元(96円)からというところからもわかるように、成都の物価は日本のおおむね5分の1程度と言えるかと思います。

 

 そんなことを念頭に置いて、飲食店のバイト(?)募集の立て看板を見てみます。

P1020497

 こちらは、成都中心部の観光ストリート「寛窄巷子」のとある飲食店の募集看板。

 「工資」というのが給与を指すのだろうか。1300元~1600元と表記があるので、月収16,000円~20,000円といったところ。

 賃貸で単身暮らしなら何とかなるのでしょうか。別の店の看板もおおむね同じくらいでした。

P1020507


 最上段は、マネージャー補佐といったところでしょうか。月収3,000元(3万6000円)の表記が見えます。

P1020505


 こちらの看板にはさらに細かな記述が。。

 男女雇用機会均等法のない中国ですので、もちろん男性のみ・女性のみの募集も可。さらに店舗のイメージづくりのためなのか、「身長162cm以上の女性」という記述も見えます。

 こちらは、麻婆豆腐を食べた店のメニュー表。

P1020385

 インフレの激しさのためか、しょっちゅう価格改定を行っていることがうかがえます。

 ビールは見たところ、500mlが10元(約120円)~13元(156円)となっています。

P1020306
 

 こちらは日本から進出した「味千ラーメン」。昨年12月現在で、成都に19店舗と本格進出しています。

 ちなみにここのラーメンは22元(264円)から。王浙さんに言わせると、地元のラーメンは5元~10元と半額以下なので、敢えてここで食べる気にはならないそうです。

参考)王浙のブログでの味千ラーメンレポート

http://ameblo.jp/shirleywang33/day-20110114.html

 さて、ここからは中国で1番の売り上げを誇るイトーヨーカドーでの買い物から。

P1020590


まずはハウスのレトルトカレー。7.9元(約95円)と、日本の特売価格と変わりません。

P1020595

「奥利奥」と書いて「オリオ」と読みます。オリオのウエハース、5.5元(約66円)。

P1020600

こちらはセブン&アイのPB商品、イチゴポッキーは4.8元(約58円)。

P1020610


不二家「ペコちゃん」のミルクキャンディ、6.5元(約78円)。

P1020602

伊右衛門の煎茶。こちらは茶葉も製造も日本産でした。3.11以前に仕入れたものでしょうか?

ちなみに価格は106元(約1272円)!

P1020617


おなじみ明治チョコレート、5.8元(約70円)。

P1020614

ドラえもんの缶によるキャンディもありました。14.9元(約180円)。

P1020612_2


こちらは中国で人気のアニメキャラクターがパッケージに登場。

ちなみに中身は韓国海苔、3.9元(約47円)。

P1020592_2

 こちらは伊勢丹百貨で買った有機大豆を使ったしょうゆ。

 価格は14.8元(約178円)。

 といった感じで改めてみていくと、日本よりはやや安いものの、それほど価格差はない、という印象です。

 このような価格帯の商品を取り扱う店が繁盛店として賑わっているという点に、改めて成都の消費市場としての成長ぶりを実感いたしました。

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

『中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

2011年8月27日 (土)

えんさんの成都旅行記-2 (市場調査編)

 前回のエントリー「えんさんの成都旅行記‐1(行程編)」に続き、本日は成都の市場動向や経済発展ぶりについて、写真を多数交えてレポートします。

 まずは上海空港にて。

 構内にはファミリーマートがいくつかありました。

P1020165

 国内線の待合所風景。携帯電話は、こちらでもiPhoneをはじめとしたスマートフォンが多数派。iPadを所有している人も多くみられました。

P1020170_3


成都市内に入って、ホテル近くのドラッグストア「ワトソンズ」。

P1020197


 入り口付近は、欧米や日本の化粧品メーカー品がズラリ。この写真は開店前でしたが、開店後は化粧品売り場にて多くの女性客が買物をしていました。

 百貨店がひしめく「春熙路」へ。

P1020202
 

 「LEVIS」の立て看板には「上衣」が299元(約3,600円)~599元(約7,200円)の表記。ほとんど日本と変わらない売価ではないでしょうか。

P1020204_2

昨日も紹介した「陽光百貨店」のユニクロ。

 

P1020216


 すでに成都市内には5店舗展開、ジェトロレポートによると「低価格」と「高い品質」、「ファッション性」で大人気とのこと。

 その向こうにはイトーヨーカドー(伊藤洋華堂)と伊勢丹(伊勢丹百貨)が見えます。

P1020217

 

 さらにその向こうでは着々と開発が進んでいます。

P1020222


 伊勢丹内での隠し撮り。どの百貨店でも、ベビー・チャイルドで1フロア以上を確保しています。

P1020226


 中国では2015年に人口減少が予測されるなど少子化が進行していますが、6ポケット(両親+両祖父母)のおかげでベビー&チャイルド市場は活況のようです。

 ちなみに王浙さんによると、成都ではまだまだ日本商品の存在感が薄いとのことでしたが、売り場では「日本製」や「日本で有名な」、「日本で人気の」といったPOPも見られ、一定の訴求効果はあるようです。

 

 7階の外食フロアでは、とんかつの「和幸」が入居していました。

P1020227


 先ほどのジェトロレポートでは、開店直後に四川大地震が発生し、かなり苦戦したようでしたが、成都の口コミサイトでの「サービス部門1位」を獲得するなど着々と支持を獲得し、売り上げは増加を続けているとのことです。

 地下の食品売場では「日本糖果展」なるイベントが開催されていました。

P1020234

 原発の影響もあって、現在中国では日本産の食品は輸入が止められているようですが、内陸の成都では、あまりマイナスの影響がないのかな、という気がしました。

 
 うって変わって、こちらはミドル~ローエンド向け百貨店(?)「九龍広場(Kowloon Plaza)」

P1020258

 外観は高級そうですが、中に入るとお値打ち品がズラリ。

P1020259


 こちらは35元~45元とあるので、およそ420円~540円といったところでしょうか。

P1020260

 ガイドの胡琛(こちん)さんによると、それでも衣料品はやや高め、とのこと。

 地下鉄の初乗り運賃が2元(約24円)、タクシーの初乗り運賃が8元(約96円)ということを考えると、確かにやや高めです。

 外食系では、KFC(肯徳基=ケンタッキー)を非常に多く見かけました。

P1020313

 スターバックスコーヒー(星把克珈琲)も多数発見。

 こちらは2年半前にできた観光者向けストリート「寛窄巷子」の街並みに合わせた外観のお店。

P1020485

 コーヒーが23元~29元、つまり280円~350円と、こちらも日本とほとんど変わらない売価ですが、店内は現地の人で賑わっていました。

 こちらは欧米の高級ブランドが入居する「仁置地広場」。2010年にオープンしたこの百貨店には、Diorやルイ・ヴィトン、イヴサンローラン、PLADAなど、グローバルブランド企業が軒並み入居、日本では「ミキモト真珠」が入居していました。

P1020301

 月曜日の午後に訪れた時ぼ店内はガラガラでしたが、ジェトロレポートでは1階のテナントだけで1日4,800万元(約5.8億円)売れたとのこと。

 うって変わってこちらは地下鉄内のコンビニ。24時間営業を売りにしています。

P1020299_2

 ここで購入したペプシコーラは500mlで2元(約24円)。

 レジカウンターにはおでんコーナーもありました。

 もちろんスープは現地化され、真っ赤なスパイスが浮いて見えました(残念ながら未体験)。

 22日(月)の夕方には、中国で一番の売り上げを誇るイトーヨーカドーへ。

P1020315

 タクシーがなかなかつかまらず到着が遅れ、お店を出たのは22時過ぎでしたが、食品売場は大変な賑わいでした。

P1020334_2

 ここでたくさんの買物をし、レシートが手元にあります。

 

 日本でおなじみの商品もいくつか購入しましたが、続きは次回ということで。

 本日はここまで、最後までご覧いただいてありがとうございました。

 

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

『中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

2011年8月26日 (金)

えんさんの成都旅行記-1 (行程編)

 TwitterやFacebookでお知らせしたとおり、8月21日(日)~24日(水)の4日間、初めて単身で海外旅行に出かけました。

 行き先は中国は四川省の省都である「成都」。

 おそらく国内で唯一の中国出身である中小企業診断士、王浙(ワンシー)さんが8月いっぱい故郷である成都に滞在されるということで、成都の発展ぶりを自らの目で確かめたく、思い切って足を運んでみることにした、というわけです。

 ちなみに成都は現在人口が1,140万人!一人当たりGDPは、まだまだ上海らには及びませんが、消費意欲が活発で経済成長が著しく、2010年の米国フォーブス誌において「今後10年間で最も成長する都市」として世界第一位に選ばれています。

参考)王浙さんのブログ

http://ameblo.jp/shirleywang33/

 20日の朝、上海経由で成都に向かうべく、早起きしてセントレア空港へ。

 いきなり出鼻をくじくように、8時50分発の便が、11時30分発と大幅な遅れ。

 成都への乗り継ぎ便であるフライトには、間に合わないことが確実に・・・。

P1020149

 上海空港へ到着。さすがに新しい!

 P1020151_3


 なんとか片言の英語でやりとりして次のフライトのチケットを入手、13時15分の予定が17時の便で成都へ。

P1020177

 

 そのフライトも約1時間遅れて出発。結局、成都双流国際空港へは20時過ぎに到着となりました。

 上海空港で購入したテレフォンカードで王さんへの連絡を試みたものの電話は通じず(上海でのみ利用可であることがあとから判明)。

 仕方なしに市内に向かおうとしたところ、王さんが私を見つけてくれて、バスにて市内中心部のホテルに向かうことになりました。

 ここでまたまた渋滞。王さんによると、バイデン米国副大統領がこの日、成都入りをして交通規制が敷かれていたとのこと。

http://jp.xinhuanet.com/2011-08/21/c_131063650.htm

P1020182_4

 結局バスには途中で下され、タクシーを使ってさらに中心部に向かうこととなりました。

 チェックイン後は、しばし休息もかねて街中の飲食店へ。

P1020187

 早速、スパイスがふんだんに使われた四川料理の洗礼を浴びることとなりました。

 詳細は、後日のグルメ編で報告します。

 翌日午前は、一人で市内散策。

 宿泊したホテル(新良大酒店)からすぐ近くの「春煕路」には、日本のイトーヨーカドー、伊勢丹をはじめ、百貨店が立ち並ぶ成都随一の商業地区です。

 ユニクロがテナントとして入居している「陽光百貨店」から、イトーヨーカドーが見えてきます。

P1020212

 午後は王さんと合流して市内中心部へ。

P1020275_4


 雨の中の「天府広場」に入り、地下鉄の駅へと向かいます。

P1020289

 驚いたのは、地下鉄の駅に金属探知機があったこと。

 ちなみに料金は初乗り2元(約24円)とお値打ちです。

P1020293


 ホームは完全にゲートが施されています。

P1020294

 高級ブランドが入居している「仁垣置地百貨」視察後は、市内北西のイトーヨーカドー第2号店へ。

 ところがタクシーがさっぱり捕まらず(需要に対して供給が追い付いていない状態とのこと)、やむを得ず我々に声をかけてくれた一般車両に乗り込み(王さんが交渉した結果、30元=360円にて)、イトーヨーカドーへ。

P1020314

 この店舗は、中国で一番の売り上げであることに加え、ヨーカドーグループ全体でも、2番目の店舗とのこと。

 
 ヨーカドーでかなり買物をしましたが、詳しくは市場視察編にて報告します。

 翌日はうって変わって観光所めぐり。

P1020344

 この日同行してくれたのは、ガイドの胡琛(こちん)さん(左)と運転手の夏燕(かえん)さんの二人。

 胡さんは、旦那さんと大阪で暮らしながら、半分は中国に戻って観光地のガイドをされている、とのこと。

 中国社会と日本社会の両方をよく知っているということで、単なるガイドさんではなく、日中の興味深い話しを色々と聞くことができました。

 昼は四川の名物料理である麻婆豆腐、夜は火鍋(ひなべ)を堪能。

 詳しくは「グルメ編」にて報告します。

 ちなみに、この建物が火鍋料理店。こんな感じのゴージャスな建物がいくつか立ち並び、前には例外なく高級車が並んでいます。

 P1020517

 
 最後は地元のエンターテインメントである「川劇」を堪能し、翌日チェックアウト。

 成都双流空港のインターネットカフェで、島田紳助の引退ニュースをチェックしていました。

P1020578

 最後のフライトである上海空港名古屋行きは、出発が一時間の遅れ。

 それでも24日(水)の22時過ぎにはセントレアに到着、何とかその日のうちに帰還を果たすことができました。

 本日は、成都の旅における行程をざっと振り返ってみましたが、次回以降は「市場調査編」、「グルメ編」、「観光編」とわけで、成都の「現在(いま)」を記録にとどめていきたいと思います!

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

『中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

2011年8月20日 (土)

9月16日(金)14時より 『3日間で劇的改善!! 売れる!WEBページ構築セミナー』開催いたします。

 本日は、15時から『企業再生・事業承継 基礎セミナー』を実施します。

 おかげさまで早々に満員御礼、あとは参加者の皆様に多くのことを得ていただくよう、本番をがんばるばかりです。

 さて、これに加えてまたまたセミナー開催のお知らせです。

 今回のセミナーは『企業再生・事業承継 基礎セミナー』とうって変わって、Web(インターネット)活用によって大いに業績向上に役立ててもらおう、という趣旨のものです。 

 講師は私(遠藤久志)に加え、楽天にてECコンサルを5年間務めたECコンサルタントの高瀬圭代さんにご講演いただく予定です。

 詳細は下記の通り、今回も30名限定ですので、興味のある方はお早めにお申し込みください!

 

◇開催趣旨

 Twitter(ツイッター)やFacebook(フェイスブック)など、ソーシャルインターネット上で次々と新しいツールが登場しています。しかし、それらを「いかに使いこなすか」に目を奪われて、自社のWebサイト(ホームページ)はおろそかになっていませんか?

 そこで本セミナーでは原点に返って、自社のWebサイト(ホームページ)を見つめ直し、「BtoBサイト」における受注力アップと「通販サイト」における販売力アップのポイントについて学び、業績アップにつなげていただきます!

◇ 開催日時 平成23年9月16日(金)14:00~16:30

  ※セミナー終了後、懇親会の開催も予定しています。

◇ 会 場  ウインクあいち(愛知県産業労働センター) 9階 904

  ※名古屋市中村区名駅四丁目401(各名古屋駅より徒歩3分)

   http://www.winc-aichi.jp/access/

 

◇ 対象者 Webを活用して業績アップを図りたい中小企業経営者および支援機関の方々

◇ 受講料 3,000円

◇ 定 員 30名

◇当日スケジュール

 *第一部 『BtoBサイトにおける受注力アップのポイント』

  講師 遠藤久志(中小企業診断士、ITコーディネータ)

 *第二部 『通販サイトにおける販売力強化のポイント』

  講師:高瀬圭代(中小企業診断士、ECコンサルタント)

◇申込み方法

 会社名(団体名)、氏名、役職、連絡先(メールアドレスも可)を明記のうえ、「endoアットkuon-manage.jp」まで送信いただくか、下記PDFファイルをプリントアウトして、裏面に必要事項を記入の上、FAXにてお申込みください。

 「110916_web-seminar.pdf」をダウンロード

 それでは、多くの方の参加を楽しみにしています!

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

『中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

2011年8月 2日 (火)

士業・支援機関のための 『企業再生・事業承継 基礎セミナー』開催します!

※8月6日(土) 追記 

 本日、参加申し込みが定員に達したため、受付を終了いたしました。

 たくさんの方のエントリー、まことにありがとうございます。

 「くおん経営 自主企画セミナー」として、昨年度までは身内である中小企業診断士を対象に、「窮境企業 診断力向上セミナー」や、「独立診断士として活躍するぞセミナー」を開催してきました。

 本年度は、これら企画を中小企業診断士のみならず、広く他士業や支援機関(商工会議所、金融機関など)職員の方々、さらには中小企業経営者にも門戸を広げ、セミナーを実施したいと考えています。

 その第一弾が、今回ご案内する『企業再生・事業承継 基礎セミナー』です。

 グローバル経済の進展や国内経済の縮小といったマクロ経済の変化に加え、リーマンショック・東日本大震災の影響と、中小企業を取り巻く環境はますます厳しくなってきております。これにともない、中小企業支援に携わる各種士業や支援機関に期待される役割も高まりつつあります。

 そこで、本セミナーでは、厳しい業績下にあって自主再建を目指す中小企業に対する「企業再生」支援、さらには長期的な事業継続を実現するための「事業承継」の基本的な支援ポイントについて、具体的な事例を交えて学んでいきます。

 開催要項は、以下の通り。

 2日間にわたって、「企業再生」・「事業承継」の分野で豊富な支援実績を持つ、5名の中小企業診断士による講義を用意しています。

 参加希望の方は、「saisei-syoukei-semminer.pdf」をダウンロード

の上、必要事項を記入しFAXいただくか、メール(endoアットkuon-manage.jp)までご連絡ください(会社名、氏名、役職、メールアドレス、連絡先電話番号、参加希望日を明記のうえ)。

◇一日目

*開催日時 平成23年8月20日(土)15:00~17:15

*当日テーマ

1.企業再生で知っておくべき基礎知識

 講師:遠藤 久志(中小企業診断士・事業再生士補)

2.企業再生支援の要諦と事例紹介

 講師:市川 幸夫(中小企業診断士)

*参加費 2,000円

◇二日目

*開催日時 平成23年9月3日(土)15:00~18:00

*当日テーマ

1.経営者の意識改革・企業変革のポイント

 講師:大橋 英敏(中小企業診断士・社会保険労務士)

2.事例に学ぶ企業再生支援のポイント

 講師:藤榮 幸人(中小企業診断士・認定事業再生士)

3.事業承継の基礎知識および支援のポイント

 講師:佐原 啓泰(中小企業診断士・一級販売士)

*参加費 3,000円

◇定 員 30名(両日とも)

◇会場 名駅・菱信ビル  3階会議室
 名古屋市中村区名駅4丁目8番12号 (各線「名古屋駅」徒歩2分)

 それでは、多くの方の参加を楽しみにしています!

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

『中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ