« 「事業承継セミナー」開催! | トップページ | 「麻木久仁子」問題にみる危機対応 »

2010年12月17日 (金)

佐々木俊尚氏のSONYに対する失望感

 ITジャーナリスト佐々木俊尚氏の、Twitter上におけるSONYに対する失望のつぶやきが、昨日相当に反響を読んだようだ。

http://twitter.com/sasakitoshinao/

 その発端は、以下のつぶやき。

 「いまSony Readerを一応入手しておこうかと思ってネット直販のソニーストアに行ったら、WindowsのIE6.0/7.0以外では「正常に動作しないので推薦環境で読め」というふざけたエラー画面が出た。びっくり。 http://bit.ly/fWAXxZ

 かつてはインターネット・ブラウザのデファクト・スタンダード(事実上の標準)的存在であったIE(インターネット・エクスプローラ)だが、今やFireFoxが急速に追い上げているのに加え、Google Chromeが徐々に普及しており、近い将来IEのシェアは5割を切る、といわれているのに、である。

 佐々木氏が憤慨しているのは、SONYが新たに世に問う、勝負をかけるべき「Sony Reader」を販売するに当たり、その購買者層をまったく考慮していないことである。

※ちなみに、ソニーストアは、WindowsのIE6.0/7.0を推奨環境としているが、その他のブラウザで閲覧できないわけではない。

さらに佐々木氏は、Sony Readerに対する不満を、以下のように述べている。

 「だいたい今のウェブ業界のアーリーアダプタ層はかなりの率でMacに移行している。しかしSony ReaderのアプリはMac非対応。でもいまSony Readerを買おうと思う人なんてアーリーアダプタしか想定できないはずで、いったいどういう消費者層を想定しているんだか。」

 このブログでも以前に触れたが、マーケティングの世界に、「イノベーター理論」というものがある。

 これは、新たなジャンルの製品が世に出るとき、まずは新しもの好きの「イノベーター」が飛びつき、次に「アーリーアダプター」、さらには「アーリーマジョリティ」へと浸透する中で、モノが普及する、というもので、「アーリーアダプター」から「アーリーマジョリティ」の間に横たわるキャズム(溝)を越えられるかどうかが、大きなポイントとなる。

 例えば、本年ブーム(というかメーカー側がやたらとしかけた)となった「3D液晶テレビ」など、キャズム(溝)を越えられるか、甚だ疑わしい。

参考)

2010年4月28日 (水) 『3Dテレビはキャズム(溝)を越えられるか?』

http://noir-kuon.cocolog-nifty.com/blog/2010/04/d-c55e.html

 SONYが「Sony Reader」を、国内における電子書籍のハードウェアの代表的存在に押し上げたいのであれば、先ず狙うべきは「イノベーター」。

 そのイノベーターの心をつかむための戦略が、SONYにおいて徹底していなかったことに対し、佐々木氏は失望感を隠しきれないようだ。

 「ブランドとは顧客に対する『約束』である」、といわれる。

 すなわち、ブランドとは、単にパッケージデザインやロゴ、プロモーション活動等を通じて発進される情報のみならず、「あらゆる顧客接点」を通じて蓄積された信頼によって構築されるものである、ということである。

 果たして、SONYは顧客との『約束』を、どのように果たそうとしているのか、今回の佐々木氏の発言に対して、どのようなリアクションをとるのか(もしくは黙殺するのか)、注目してみて行きたい。

 ちなみに「SONY Reder」に対する失望感は、これにとどまらない。その代表的なものが、「PCに接続しないと、書籍データがダウンロードできない。」といった点である。

 スマートフォンが人気を博している点の一つが、「Apple Store」や「Android Market」を通じて、好きなアプリをその場でダウンロードし、楽しめることである。

 この点においても「Sony Reader」は、顧客の期待を大きく裏切っているといわざるを得ない。

 相変わらずの「ハード偏重」、「ソフト、ネットワーク軽視」という、日本メーカーの欠点をさらけ出してしまった感のある、「Sony Reader」。 

 果たしてSONY、さらには国内メーカーに明るい未来はあるのか!?

参考)

2009年7月29日 (水) 『ものづくり敗戦』

http://noir-kuon.cocolog-nifty.com/blog/2009/07/post-8ba4.html

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

『中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

« 「事業承継セミナー」開催! | トップページ | 「麻木久仁子」問題にみる危機対応 »

マーケティング」カテゴリの記事

企業・経営者」カテゴリの記事

経営者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187511/38116232

この記事へのトラックバック一覧です: 佐々木俊尚氏のSONYに対する失望感:

« 「事業承継セミナー」開催! | トップページ | 「麻木久仁子」問題にみる危機対応 »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ