« 宮崎県の悲痛な叫びは届いているか? | トップページ | 赤松大臣よ、宮崎県の怒りが聞こえるか! »

2010年5月10日 (月)

『残念なお知らせがあります。』

 「本物のモッツァレラチーズをつくろう!」

 そんな思いを胸に、3年間のイタリア修行を経て、一昨年より宮崎で手づくりチーズ製造所、「Caseificio Ciro esposito(カゼイフィーチョ チーロエスポージト)」を経営されている竹島英俊さん。

 宮崎を選んだのは、温暖な気候を好む水牛にとって、最適な土地だったからだとか。

*「Caseificio Ciro esposito」公式サイト

 http://www.caseificio.jp/index.html

*インタビュー記事 

 http://www.replusnet.com/ijyuu/no12/

1

 カゼイフィーチョとは、イタリア語で「チーズ製造所」のことらしい。

4_2

 時間はかかりますが、手づくりの「本物」にこだわっています。

2

 水牛たちの紹介ページも、愛情にあふれています。

3

 そんなチーズ製造所から残念なお知らせが・・・。

5

「当牧場の水牛達も口蹄疫に感染しておりました。

 子牛を含む、全ての水牛を家畜伝染病予防法に基づいて殺処分しなければいけません。

 残念です。

 文章は最小限にとどめられているが、その胸の奥の苦衷はいかばかりか・・・。

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

『中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

« 宮崎県の悲痛な叫びは届いているか? | トップページ | 赤松大臣よ、宮崎県の怒りが聞こえるか! »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187511/34615578

この記事へのトラックバック一覧です: 『残念なお知らせがあります。』:

« 宮崎県の悲痛な叫びは届いているか? | トップページ | 赤松大臣よ、宮崎県の怒りが聞こえるか! »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ