« マスコミが十分に報道しないので・・・。 | トップページ | 宮崎県の悲痛な叫びは届いているか? »

2010年5月 9日 (日)

『280円居酒屋』 安さの秘密は”セミセルフ”

 最近、住まいの近くの寿司屋が閉店、改装してオープンしたのは、何と『280円均一』の激安居酒屋。

 前々から興味があったが、友人と飲む機会を得たので、これを機に入ってみた。

 入ってみて、注文のシステムにビックリ。ペン型スキャナー(?)でメニューに貼り付けてあるタグをこすると、厨房にオーダー情報が行くという仕組みのようだ。

 注文の仕方は少々ややこしく、

まずは注文したい商品の値札をスキャン。

Dscf2141

 次に、数量を確定させ、「入力」にペン先を持ってくる。最後に「注文確定」にペン先を持ってくることで、ようやくオーダー情報が厨房に行く。

Dscf2143

 以前、液晶モニターへのタッチパネル式の居酒屋に行ったことがあったが、一覧性に欠けるので、やはりメニュー冊子はあったほうが良い。店としてもその方が、”ついで買い”をさせることが容易だろう。

 ということで、「店員が注文をとりに来て、それを厨房に伝える」という一連の動作が省かれ、フロア係は基本的にサーブ(配膳)のみでやりくりできる。それがお財布にも優しくなるのだから、今後は徐々に普及していくことだろう。

 ちなみにメニューを見ると、「これが280円!?」というお値打ちな品もあれば、ライスやキュウリのゴマ和え、オニオンスライスなど明らかに割高なのも微妙に混じっている。

 100円ショップと一緒で、トータルでのお値打ち感を打ち出しつつ、利幅の大きい商品も巧みに混ぜ込んで利益を確保、という狙いが窺える。

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

『中小企業診断士えんさん』の公式サイトはこちら

http://www.kuon-manage.jp

« マスコミが十分に報道しないので・・・。 | トップページ | 宮崎県の悲痛な叫びは届いているか? »

マーケティング」カテゴリの記事

企業・経営者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187511/34611018

この記事へのトラックバック一覧です: 『280円居酒屋』 安さの秘密は”セミセルフ”:

« マスコミが十分に報道しないので・・・。 | トップページ | 宮崎県の悲痛な叫びは届いているか? »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ