« 由紀夫君に4億円はチャリ銭? | トップページ | なかなかブログが更新できないので・・・。 »

2010年1月16日 (土)

鳩山首相の気になる一言。

 小沢一郎幹事長の元秘書逮捕で湧いた昨日・今日。本日は、民主党党大会やその後の記者会見での鳩山首相および小沢幹事長の言動に注目が集まっている。

 その話は今日はなし。日経新聞2面の下段にこそっと書いてあった鳩山首相のコメントが、非常に気になった。以下、抜粋。

 「鳩山首相は15日夜、記者団に内閣法制局長官人事について「政治主導はこういうものだ。法制局長官に憲法の判断を委ねるということではなく、政治が国家のあり方に責任を持つべきだ。」と強調した。

 ~中略~

 「「政治主導で官邸を導いていくときに以心伝心、思いを分かち合える仲間を増やして行きたい」「政治家が仕事をしやすいような環境を作っていきたい」と説明した。」

 一見、もっともらしいことを言っているようにみえるが、スゴ~く危険な気がするのは、私だけだろうか?

 今の鳩山政権がどうかはここでは述べないが、選挙で選ばれた政治家や政権は時として特定の思想に偏るあまり、法を捻じ曲げてでも自らの思うところを強行したい、という思いに駆られる危険性がある。

 それを公平かつ専門的な立場から法の解釈を行うのが、内閣法制局である。ところが鳩山首相は、「政治主導」の美名の下、専門家集団である官僚機構に対しても、「以心伝心、思いを分かち合える仲間」で固めていきたいと言っている。

 現在民主党は、マニフェストには記載せず、決して国民の審判を仰いだとは言い難い「永住外国人への地方参政権付与」の合法化を、あさってから開催される通常国会での成立をもくろんでいる。

 この「外国人への参政権付与」は、「憲法違反ではないか」と言われている。これは民主党の平野官房長官もう薄々認識している事実だ。

『「憲法違反という人いる」 外国人参政権法案で官房長官』 2010.1.12 12:17

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100112/plc1001121222007-n1.htm

 「憲法15条では公務員の選定・罷免を「国民固有の権利」と明記。93条で地方参政権を持つと定められる「住民」について、平成7年2月の最高裁判決は「日本国民を意味するもの」としている。」

 先の鳩山首相の「政治主導とはこういうもの」という言葉の裏には、内閣法制局や最高裁判決など「法の番人」が下した判断よりも、時の政権の判断が優先される、ということを言いたいのでは、という思いが透けて見える。

 度々指摘しているように、ヒトラー率いるナチス(国家社会主義ドイツ労働者党)は、合法的に政権を奪取し、独裁政権を作り上げた。鳩山首相や羽毛田宮内庁長官を恫喝した小沢幹事長の言う「政治主導」には、これに近いものを感じるというのは、言いすぎだろうか?

 今後鳩山政権には、くれぐれも「節度ある」政治主導の実現を期待したい。

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

« 由紀夫君に4億円はチャリ銭? | トップページ | なかなかブログが更新できないので・・・。 »

ニュース」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

始めまして、お邪魔虫です。
その通りとも、なかなか鋭いね、とも思いません。
確かにあまり政治が口出しするのは賢明ではありませんが、自民党時代の漆間さん辺りの危険思想は困ったチャンですから、内閣法制局自体の歪みもあるので、一言で否定することもできないでしょう・・・・
私は、独裁にもいろいろあると思っています・・・・戦争から遠ざかるような独裁は私たちは歓迎するべきと思いますので、友愛思想の現政権は、たとえ独裁であっても良かろうに思います。安倍さんのような戦争に近づけるような独裁は断固否定すべきものです。
戦争に近づけるのは、車間を取らずに走る車のようなものです。
国民の審判を負う民主党と責任を全く感じる必要の無い官僚検察との戦いで国民の民主主義というものに対する答えがこれから出るのです。これで民主党が負ければ、この国は一挙に発展途上国に格下げになります。

たとえ小沢一郎氏がどんなに立派な方で、鳩山首相がその溢れる友愛精神で日本を正しい方向へ導いてくださる方だとしても、一旦“独裁者”という入れ物を作ってしまえば、後々、それを利用するものが必ず出てきてしまいます。
そして得てして権力者というものは、絶対的権力を手に入れてしまえば、変わってしまうものなのです。それは歴史が証明しています。
いかなる理由があろうとも、けして独裁という政治体制は容認するべきではない。
そして、教祖に盲目的に追従する宗教家ほど危険なものはありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187511/33009985

この記事へのトラックバック一覧です: 鳩山首相の気になる一言。:

« 由紀夫君に4億円はチャリ銭? | トップページ | なかなかブログが更新できないので・・・。 »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ