« なかなかブログが更新できないので・・・。 | トップページ | 国政、しかも国防問題を・・・ »

2010年1月24日 (日)

日本を覆う「閉塞感」とは・・・。

 こんな記事を見かけた。

「一生安泰に暮らしたい日本人の心が招いた閉塞感」

 http://diamond.jp/series/siliconvalley/10027/

 冒頭を引用してみたい。

「 「閉塞感」という言葉が使われて久しい。90年代初頭から使われているだろう。20年経った今でも、昨今の社会状況を的確に表現する言葉として、その価値は益々高まっているように思う。だが、閉塞感を英語に訳すのは難しい。ぴったり当てはまる言葉がないのだ。そもそも、そういう感覚がないのだ。

 アメリカ人ならこう言うだろう。「閉塞感?そんなに悩む必要があるの?今いる会社が嫌なら辞めればいいじゃないか。政治が嫌なら次の選挙で別の政党に投票すれば良いじゃないか」実に、単純明快である。」

 アメリカがすべて正しい、とはいわないが、上記の指摘はまことに正しいと思う。以前のブログでも紹介したが、日本の新入社員は、ますます終身雇用志向を強めている。同様のことが、最近の社会学者の著書でも紹介されている。

『会社に人生を預ける』若者たち 2009年5月14日 (木)

http://noir-kuon.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/post-014c.html

 要するに、「会社にぶら下がり続けたい」人が増えているのだ。しかし、JALの例を挙げるまでもなく、「会社に一生ぶら下がれる」というのは、もやは幻想、妄想の域だ。最後に、冒頭で紹介した記事の締めの文章を紹介したい。

 「日本人の閉塞感は日本人の先入観にあるように思う。一流大学を出て、官僚や大企業に勤めるパターンを成功の唯一のシナリオとして描くのはもはや時代遅れである。いまさら既得権益を目指すのも時代遅れである。「この分野のナンバーワンになってやろう」と発想を変えれば、「あなた」独自の世界が開けるはずだ。悶々とした「閉塞感」に悩むぐらいなら、自分の力で切り開いて行ける「あなた」の世界を築くべきである。」

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

↓「なかなか鋭いね!」と思ったら、下記にもクリックを!

にほんブログ村 士業ブログ 中小企業診断士へ
にほんブログ村

« なかなかブログが更新できないので・・・。 | トップページ | 国政、しかも国防問題を・・・ »

つれづれ」カテゴリの記事

企業・経営者」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187511/33108273

この記事へのトラックバック一覧です: 日本を覆う「閉塞感」とは・・・。:

« なかなかブログが更新できないので・・・。 | トップページ | 国政、しかも国防問題を・・・ »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ