« 経済のサービス化、すなわちオールマーケティング時代。 | トップページ | 「マス」をターゲットにし続けるTVに未来はあるか? »

2009年3月21日 (土)

景気回復の兆しあり?

 マスコミ、特にTVのニュースからは、「出口の見えない不況」、「ますます悪化する経済状況」といったニュースが絶えない。その結果、消費者はますます財布のヒモを固くして、景気回復が遅れる・・・、といった事態を招いているのは否定できない。

 近くの家電店に足を運んでみると、新作デジカメから大型TV、さらには話題のネットブック売り場には人だかりができており、とても不況とは感じさせない。平成21年2月の百貨店売上高は前年比で11.5%減と、過去最高のマイナス幅を記録したらしいが、一方で薄型テレビの2月の販売台数は前年同月比31.3%増、ブルーレイ・ディスク(BD)方式のレコーダーなども28.0%増と(BCN調べ)、むしろ消費意欲は増進していることが見て取れる。

 これに加え、高速道路料金値下げ特需、定額給付金特需、さらにはWBC特需も加わって、国内消費から景気回復の兆しが本格化することを期待したい。そのためにも、マスコミは、こうしたプラスの情報も公平に報道して欲しいものだ。景”気”というくらい、景気は気分で左右されるものなのだから・・・。

 ただし、景気回復の恩恵は、満遍なく行き渡るわけではない。今や消費者は十分賢く、機能が必要十分で、かつ適正価格なものにのみ、財布のヒモを緩めることを、くれぐれも忘れてはならない。

『2月全国百貨店売上高は‐11.5%、特殊要因除くと下落率は最大』

3月19日16時19分配信 ロイター

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090319-00000707-reu-bus_all

『薄型テレビ、大画面が牽引 2月デジタル家電、復調の兆し』
3月10日8時33分配信 フジサンケイ ビジネスアイ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090309-00000005-fsi-bus_all

↓「なるほどねぇ~」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

« 経済のサービス化、すなわちオールマーケティング時代。 | トップページ | 「マス」をターゲットにし続けるTVに未来はあるか? »

つれづれ」カテゴリの記事

マーケティング」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187511/28725207

この記事へのトラックバック一覧です: 景気回復の兆しあり?:

» ネットブックは買ってはダメ [ドスパラ Note Galleria MV、通販]
流行っていますが、パソコンを熟知している方なら分かるのですが、素人が安易に買うのは危険です [続きを読む]

« 経済のサービス化、すなわちオールマーケティング時代。 | トップページ | 「マス」をターゲットにし続けるTVに未来はあるか? »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ