« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

2008年12月14日 (日)

デザインの威力とブランド力過信の危険性

またまたUMPC(今や、”ネットブック”や”ミニノート”の呼称が主流かな?)のはなし。

おくればせながら、東芝、NEC、さらにはEPSONが国内メーカーとしてネットブック(今後、こちらの呼び名に統一)に参入した。いずれもインタビューではそれなりの意気込みを語っているが、特に東芝、NECについては、ネットブックを称して”5万円PC”との通称があるにもかかわらず、いずれも5万円以上の価格帯で参入、割高分は国内メーカーとしての今まで培った信頼で補える、としている。そしてその製品に目を投じてみると、なるほど確かに基本機能は押さえられており、可もなく不可もなくの製品に仕上がっている。

しかし、いずれもメーカーとしての主力商品は、はるか高価格帯のノートPCであり、ネットブック製品については、”それなりにやっています”といった印象で”本気度”が充満しているとは言い難い。それが証拠に、東芝については、ノートPCのブランド名である”Dynabook”の名称を冠していない。あくまでうちにとってはサブ的な製品で、とても”Dynabook”の名称はつけられません、と明言しているように受け取れる。

それに対して台湾メーカーの本気度はすさまじい。これらネットブックのブームの火付け役であったASUS(アスース)の後に、Acer(エイサー)は洗練されたデザインの製品を投入、またたくまに製品としてのシェアトップに躍り出た。以前の投稿で記述したように、今やPCの売上の約4分の一、さらに販売台数ではノートPCの5割を突破、10社以上がひしめく市場ではあるが、この2社でシェアの9割を占めているという。

参考

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2008/1006/netbook.htm

このように、今いちばんホットな市場であるネットブック市場に、先駆者であるASUSから新製品が投入された。製品名は「Eee PC S101」、実際に購入したわけでなく、パンフレットを見た限りの印象だが、メーカーの”本気度”がひしひしと伝わってくる。何より目を引くのは、洗練されたデザインである。超薄型のボディと高級感あふれる外観は、とても10万円以下のPCとは思えない。実勢価格は6万円台と、他のネットブックよりも高めだが、”毎日持ち歩いて、町中で取り出したい”といった所有欲を十分にくすぐる。

http://www.asus.co.jp/products.aspx?l1=24&l2=164&l3=0&l4=0&model=2595&modelmenu=1

ここまで本気の外国メーカーに対し、本当に日本メーカーは太刀打ちできるのか、はなはだ疑問である。ここで思い出すのが、MDウォークマンで高いシェアを占めていたSONYが、iPodの登場によって次世代携帯音楽プレーヤーの座をあっという間に奪われたことである。このジャンルにおいても、時代の変わり目、根本的な代替品が登場したときには、今まで培ってきたブランド資産など、大して当てにならない、ということだ。何より、新参メーカーの本気度が違う、そしてユーザーに与える驚きも違う。

Apple社がiPodであっという間に市場を席巻したように、ノートPCのブランド資産を当てにしている日本メーカーを尻目に、あっという間に本気の外国メーカーがネットブック市場を席巻、気がついたときにはとても追いつけないレベルまで差がついてしまう、そんな予感を強く感じる。

2008年現在は、「ASUSやACERなんて、所詮2流メーカー」という認識が一般的かもしれない。しかし、そこで油断していると、あっという間にこれらメーカーが、(Appleまで行くかどうかは別として)ネットブック市場における一流メーカーの座を確固たるものにしてしまうのではないか。少なくとも、2009年には大分これらメーカーへの見方が変わってくるのは間違いない。

↓「なるほどねぇ~」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

2008年12月 2日 (火)

”報道”の名に値しない報道ステーション

視聴率は好調のようだが、”報道”ステーションというには、あまりに情緒的な観点からの物言いが目立つ古館伊知郎が気に食わないため、ニュースは専らNHKを見ている。

本日も、出産と医療を巡るニュースに関して、古館キャスターの情緒的な意見。

「ひと昔前は、出産と言えば産婆さんを初め近所のみんなが協力し合っていた。

 昔のように安心して出産が出来る環境はなくなってしまったのか?」

バカを言っちゃいけない。出産は、少なくとも一昔前よりは断然安全になっている。

たとえば、1000人あたりの周産期死亡率は1975年には千人当たり16.0人もいたのが、1985年には8.0人、1995年には5.7人、2005年には3.3人と、年々安全になっていることが数字で確認できる(総務省「人口動態統計」より)。

 隣にいるアエラ編集長の一色清も、単に古館に同調するにとどまり、「最低限、安心して出産できる状況を確保して欲しい」などと、もっともらしいことをのたまう。彼らには、日本が国際的に見て高度に安全を確立しているという知識的な裏づけもなければ、現在の産科や小児科、緊急医療における医師(等)不足の状況を、構造的に考える知力も十分持ち合わせているとは思えない。

 朝日新聞が今期大幅赤字に転落したというが、沈みかかった船を再び浮かび上がらせることが出来るのか?朝日系列1番の報道番組がこれでは、とても先が思いやられる、その思いを強くした、本日の”報道”であった。

↓「なるほどねぇ~」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

人気ブログランキングへ

↓「いよっ!その通り!」と思ったら、下記へのクリックお願いします。

拍手する

« 2008年10月 | トップページ | 2009年1月 »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ