« 期待に応える | トップページ | 戦略とは「やらないこと」を決めること »

2008年8月27日 (水)

血液型本

血液型本が、今売れている。

「血液型占いなんて、昔からあったじゃないか」、といえばその通り。

今までの血液型占い本との決定的な違いは、「”血液型別”に本が出版されている」ということである。

つまり、今までの血液型占い本は万人向け、今回の血液型本は特定のセグメントに向けて発売されたものだ、ということである。

たったこれだけの違い(中身は多少違うかもしれないが・・・)が、書棚に並んでいるだけの本か、ブーム本になるかの分かれ目、というわけである。

まさにマーケティングの基本である、「顧客のセグメント化」の重要性を、あらためて思い知らされた好例といえるだろう。

人気ブログランキングへ

« 期待に応える | トップページ | 戦略とは「やらないこと」を決めること »

つれづれ」カテゴリの記事

マーケティング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 血液型本:

« 期待に応える | トップページ | 戦略とは「やらないこと」を決めること »

フォト

他のアカウント

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ