« 駅=ホッとステーション | トップページ | 商標独占の危険性Ⅱ »

2008年2月18日 (月)

次世代DVDの勝敗を決めたのは

次世代DVDについて、東芝はオリジナル規格であるHD-DVDから撤退との報道があり、はブルーレイ勝利が事実上確定した。(もっとも、東芝は「事業方針を検討中だが、決定した事実は無い」との生命を発表はしているが、もはや流れは止められまい。)http://www.watch.impress.co.jp/av/docs/20080217/toshiba.htm

2/17付の日経新聞によると、

「東芝は2003年に「HD」の基礎となる規格をNECと共同で提唱。基本特許を押さえ、機器販売で特許料収入を得る構想を描いた。一方のソニーは松下と早い段階から共同歩調をとり「BD」規格の採用をメーカーに呼びかけた」ことが明暗を分けたと分析している。これから市場を作り出してゆく、という時期には、今ある市場で利益の最大化を図るのではなく、市場そのものをいかに拡大してゆくかが重要である、というPLC(プロダクトライフサイクル)の原則がここでも証明された、と言える。

また、東芝陣営からは「技術では負けていない」とのコメントもあったがようだが、技術の優劣が、市場を制する十分条件ではない、ということも見逃せない事実だ。これは過去にβ(ベータ)がVHSに画質的には優れていたにもかかわらず、敗北を喫したこととも相通ずる。逆に、iPODがこれだけ支持されているは、必ずしも(狭義の)技術で他社に優れていたわけではなく、むしろデザインやインターフェイス、PCとの融和などのソフト面での優位性が重要であることが大きい。いまだ東芝は、旧態依然の「モノづくり」の発想から抜け出しきれていなかった、ということか。

個人的な所感だが、次世代DVDの勝敗を決した要因として「ネーミング」があげられるのではないだろうか。”ブルーレイ”は響きがカッコいい。いかにも次世代、という感じだ。一方、HD-DVDは、そもそもどう読んでよいのかわかない。調べてみたら、そのままエイチディーディブーディと読むらしい。言いにくい!またHDが何の略かもよくわからない。一般的にはHDはハードディスクの略だが、そうではないらしい。High Definition(高解像度)、とのこと。これまたわかりにくい!

« 駅=ホッとステーション | トップページ | 商標独占の危険性Ⅱ »

つれづれ」カテゴリの記事

企業・経営者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187511/10604128

この記事へのトラックバック一覧です: 次世代DVDの勝敗を決めたのは:

« 駅=ホッとステーション | トップページ | 商標独占の危険性Ⅱ »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ