« ネーミングライツ反対論Ⅱ | トップページ | KYにご用心 »

2008年1月27日 (日)

仕込み8割

料理の世界では「仕込み8割」という言葉がある。成功を導き出すには準備が一番大切だ、という意味である。登山家や探検家も、「いかに冒険しないか」が、事の成否を分ける、そのための事前準備の重要性を説いている。

さて、本日大阪国際女子マラソン、マラソン初体験の福士加代子選手は、前半は大会記録か、というハイペースで走ったものの後半大失速、35キロ過ぎからはジョギングペース、最後はふらつき転倒しながらも、2時間40分を過ぎ19位で何とか完走した。最後は足も止まってしまい、体力は尽き果てているにもかかわらず、気力だけで完走、その壮絶な姿は大いに心を揺さぶった。

しかし、である。事前のスポーツ紙を読んでいると、そもそも彼女は練習の中で一日30キロは走っても、40キロを超える練習はしていなかったという。彼女は1万メートル走では国内で敵なしの存在。彼女も、そしてコーチ陣も、「そのスピードを活かしさえすれば、マラソンでも何とかなる」という思惑だったかもしれない。しかし42.195kmを走るマラソンは、さすがに手ごわかった。彼女はまだマラソンを走りきる体をつくり上げていなかったのだ。

スタートラインに立つとき、実は勝負は決している。そんな言葉を改めて思い起こさせる、本日のレースであった。

« ネーミングライツ反対論Ⅱ | トップページ | KYにご用心 »

スポーツ」カテゴリの記事

企業・経営者」カテゴリの記事

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 仕込み8割:

« ネーミングライツ反対論Ⅱ | トップページ | KYにご用心 »

フォト

他のアカウント

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ