« 世界遺産 | トップページ | 感性は天性? »

2007年9月16日 (日)

「信じる」ことの重要性

NHKの人気番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』のDVDを購入して観た。

購入したのは、リゾート再生請負人、星野佳路氏の回。

一番印象に残ったのは、「観光業界に携わっている人たちは、”人に喜んでもらいたい・楽しんでいただきたい”という思いを皆持っている。これは普遍的な真理だ。私は、皆のその思いを信じる。」、という言葉だ。

私は以前、ドラッグストアを経営する会社の採用を担当しており、超売り手市場の薬剤師採用に携わっていたが、彼・彼女らもすべて、「人の役に立ちたい」という思いを持っていた。私たちはそこに賭けて、自らの思いをぶつけるた結果、多くの薬学生たちがその想いに応えてくれた。採用や組織運営において、様々なテクニックやノウハウはあるであろうが、絶対必要条件は、その根本にある”志”である、それを改めて強く感じたDVDであった。

« 世界遺産 | トップページ | 感性は天性? »

企業・経営者」カテゴリの記事

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「信じる」ことの重要性:

« 世界遺産 | トップページ | 感性は天性? »

フォト

他のアカウント

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ