« ドッグイヤー | トップページ | 「信じる」ことの重要性 »

2007年9月 7日 (金)

世界遺産

人類の長い歴史に中で創造され、現在なおその姿をとどめる貴重な財産、それが世界遺産である。社団法人日本ユネスコ協会のサイトによると、「世界遺産とは、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、過去から引き継がれた貴重なたからもの」と定義してある。ちなみに日本の世界遺産として現在、法隆寺、姫路城などの11件の文化遺産と(京都、奈良などは包括的に登録)、屋久島など3件の自然遺産が指定されている。

ところで、日本の歴史的建造物で、もっとも長い歴史を誇るものといえば(正確なことは判らないが)、伊勢神宮、熱田神宮、出雲大社などではないだろうか。ところが、これらの建造物や地域一体は、暫定リストにさえ名を連ねていない。なぜなら、これらの神社は遺跡どころか脈々と受け継がれ、(表現は変だが)現役の神社として生きているからである。約2000年の歴史を持ち、なおかつ毎年初詣でを始めとして参拝客が絶えない。消して過去の遺物にはなっていないのである。

« ドッグイヤー | トップページ | 「信じる」ことの重要性 »

つれづれ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 世界遺産:

» 安土桃山時代について [日本史安土桃山時代]
安土桃山時代についてのわかりやすい解説をします [続きを読む]

» 世界遺産 イエメン【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】 [世界遺産 イエメン【団塊世代 暮らし 生活 ブログ 】]
世界遺産旅行 イエメン 城郭城郭都市、私たち日本人には良く分からない都市である。防塁、城壁そのものを指していたが、のちに城壁で囲まれた内部をも含むようになり、内城を「城」外城を「郭」といったイエメンの城郭都市「シバームの旧城壁都市...... [続きを読む]

« ドッグイヤー | トップページ | 「信じる」ことの重要性 »

フォト

他のアカウント

2019年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

最近のトラックバック

無料ブログはココログ