« ネーミングライツ | トップページ | 経営ノウハウは誰のもの?Ⅱ »

2007年8月 9日 (木)

経営ノウハウは誰のもの?

最近、経営書を読んで時々目にするのは、ある経営ノウハウを上手く表現した用語を、その著者もしくはコンサルティング会社が商標登録している、という事実である。

例を挙げれば、

「女性起業塾」 ・・・株式会社トレンダーズ

「戦略BASiCS」 ・・・ ストラテジー&タクティクス株式会社

あと、『「3年目社員」が辞める会社 辞めない会社』も、この本での上手い言い回しの造語(といっても普通名詞の組み合わせ)が商標登録されていた記憶がある。どのような用語かまでは忘れたが。また、顧客の購買心理の動向をあらわす『AIDMAの法則』のネット版、『AISASの法則』も、電通は提唱したのみならず、商法登録をちゃっかりしたらしい。

立ち止まって考える。こうした考え方、用語を生み出した著者の方々には充分敬意を払う。そのクリエイティブさに何らいちゃもんをつけるつもりはない。

しかし、である。映画『赤ひげ』で赤ひげは言った「医術は誰のものでもない、天下のものだ。」、と。経営ノウハウも天下のものではないか。自社でその言葉を使用する権利を独占するより、広く使用されることで世の役に立ち、その用語・考え方の創作者として後世に感謝されるほうが、素晴らしいことではないか、と私は思う。

« ネーミングライツ | トップページ | 経営ノウハウは誰のもの?Ⅱ »

つれづれ」カテゴリの記事

企業・経営者」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/187511/7477245

この記事へのトラックバック一覧です: 経営ノウハウは誰のもの?:

» 郵便局の投資信託 [郵便局 投資信託]
投資信託という言葉をマネー雑誌や金融機関の店頭でよく見かけませんか? ひとことでいうと投資信託とは、「投資家から集めた資金を運用の専門家が株式や債券などに投資して運用する金融商品で、その運用成果を投資家に還元する仕組み」のことです。 [続きを読む]

» VISTA投資信託とは [VISTA ファンド 投資信託]
投資信託の中でVISTAというファンドがあります。 VISTAはマザーファンドを通じて、主にベトナム、インドネシア、南アフリカ、トルコアルゼンチン)諸国の関連株式等に投資することによって信託財産の中長期的な成長を目指します。 [続きを読む]

« ネーミングライツ | トップページ | 経営ノウハウは誰のもの?Ⅱ »

フォト
2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

最近のトラックバック

無料ブログはココログ